>>トップページへ戻る<<


“ヤマセにんにく”とは?

6月〜9月頃にオホーツク海高気圧から太平洋から内陸に吹く季節風をヤマセと言います。

ヤマセは時に冷害になりますが、冷涼な気候を好むニンニクの生育にはとても適しています。
ヤマセの影響で昼と夜の温度格差が出来、身がしまり糖分が高いにんにくが出来ます。

そんなヤマセの恩恵を受けた小川原湖農園産ニンニクは味がよく大きく最高品質ばかりです!


一般的なにんにくの成分とその効果

【 風邪予防・疲労回復 】

 ニンニク特有の匂い成分をアリシンと言います。アリシンには強力な殺菌作用があります。
主に風邪予防等に効果があります。 またニンニクはビタミンB1も豊富でアリシンとつながることによりアリタミンという成分になり肉体疲労回復等に効果が期待できます。

【 整腸効果・肝機能向上 】

 ニンニクにはオリゴ糖と呼ばれる成分が含まれていて善玉菌を増殖させる効果があります。

【 血圧安定 】

 ニンニクの中にはカリウムが多く含まれています。カリウムには血圧降下作用があります。
 また、カリウムにはムクミ・便秘にも効果があり、ダイエット効果も期待出来ます。


この他にも様々な栄養効果がニンニクには詰まっています。


※ニンニクを食べる時の注意点※
 栄養価がとても高いニンニクですが、一気に摂取しすぎると体によくありません。
 生で摂取する場合1日1片(10g)。加熱等の場合1日2〜3片を目安に摂取して下さい。
 空腹時に摂取すると腹痛の原因になります。


>>先頭へ<< | >>トップページへ戻る<<